おススメの肉料理は皮付き豚バラ角煮

おススメの肉料理は皮付き豚バラ角煮

おススメの肉料理は皮付き豚バラ角煮 やはり沖縄のおススメの肉料理と言えば豚バラ肉を使用した角煮かと思います。バラ肉は脂身と赤身が交互に重なり3枚肉とも呼ばれています。このバラ肉を醤油ベースで煮込み適当な大きさに切り、2時間ほど煮込んで生姜などの薬味を入れて完成します。沖縄以外ではトロミを付けたり、味付けが濃いものまでありますが、本場沖縄の豚角煮は丁度良い味付けでご飯にとても良く合います。聞いた所この豚バラ肉でも皮が付いている物で作ると格段と美味しさが違うようです。そのような豚皮付きのバラ肉で一度食べてみたいと思っていたら、去年近所のスーパーマーケットに輸入物ですが皮つきの豚バラ肉が売られていたのです。それを見た瞬間迷わず購入してさっそく家で作る事にしました。

初めて見た皮付のバラ肉は、皮の部分に豚の毛と思われるものがあり、これを火で炙りこがして取り除いてから適当な大きさに切り圧力鍋で煮込みました。出来上がりを見ると皮がとろけていて美味しそうでした。そして口へ入れるとジューシー感が素晴らしく口でとろけるようでした。脂のうまみ成分が溶け込んだ角煮は最高でこれ以来角煮は皮付きが一番であると思いました。今度は本場沖縄のアグー豚で作るのが夢であります。

Copyright (C)2014おススメの肉料理は皮付き豚バラ角煮.All rights reserved.